2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 【練習】 テ ス ト は こ こ で 【練習】

1 :やぐやぐ:03/04/17 20:12 ID:MbBU8G8M
2ちゃんねるに書き込んでみたい人は
ここで練習しよう!
ハートマークとかはこう書くよ!

♥ ♥
♣ ♣
♠ ♠
♦ ♦

他にもあるから探してみよう!

2 :ひよこ名無しさん:03/04/17 20:12 ID:+bJJJ86L


3 : ◆qUWTJYkpXg :03/04/17 20:17 ID:fZ84dnwy
トリップテストで3ゲト?
つまんねな・・・。

4 : ◆hEeqkAFEQ6 :03/04/17 20:19 ID:???
さても一度

5 :名無しさん@Vim%Chalice:03/04/17 21:19 ID:???
test
うう、これで書けるかぁ?

6 :ひよこ名無しさん:03/04/17 21:29 ID:uwyoj0dV
テスト

7 :ひよこ名無しさん:03/04/17 21:32 ID:???
も一回。

8 :秋月 ◆MlQJOmuyFU :03/04/17 21:36 ID:???
テスト

9 : ◆oo/1PS7RO6 :03/04/17 21:40 ID:???
test

10 :ひよこ名無しさん:03/04/17 21:44 ID:???
AAってなんですか?


11 : ◆0/lKngOeUA :03/04/17 21:53 ID:???
tes

12 :ひよこ名無しさん:03/04/17 21:53 ID:dQF7bM7H
ハートマーク

13 :◆l3yYkoBE8I :03/04/17 21:54 ID:???
test

14 :mu ◆0/lKngOeUA :03/04/17 21:56 ID:???
aa

15 :ひよこ名無しさん:03/04/17 22:03 ID:???
あああ

16 :ひよこ名無しさん:03/04/17 22:12 ID:???
???
???

17 :ひよこ名無しさん:03/04/17 22:13 ID:???
ヽ(`Д´)ノ

18 :ひよこ名無しさん:03/04/17 22:14 ID:???
      ,rn
     r「l l h         /        /
     | 、. !j      /\  /\
     ゝ .f      /  \/  \
     ,」  L_     /         .ヽ   / /
    ヾー‐' |    | ○    ○  .|   /
     |   じ、    | \__/   .|
     \    \.   \ \/    .ノ
      \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__   /  /| /    /
        \      |_/oヽ__/    \   /  |_
         ヽ__    |         \/  /  ヽ___
             |    |   さ へ    \ /   /   /
             /   |       |\/  |   /   /
             |   |       |/| _ |  /__/
             |   |       |  「  \:"::/
             |  コ[□]ニ    |  ⌒ リ川/
            / \      /  \ ...:::/  \_WWWW/
           /    ゞ___     \/    ≫    ≪
          /    /     \     \    ≫ さ ≪
         /  ゝ /       .::\ /   |    ≫ い ≪
         |   /      ....:::::::/\<   |    ≫ た ≪
         | /      ...::::::::/  |   |    ≫ ま ≪
         /      ....:::::::/    |   |    ≫    ≪
        /      ...::::::::/     |   |   /MMMM、\
      /      .....::::::/       |___|
     /''' ....   ...::::::::/         (   \  
    /     ...::::::::::/           │∩  │
    /     ...:::::::/              ̄  ̄ ̄
   /........:::::::::::::::/
   ─────'

19 :ひよこ名無しさん:03/04/17 22:20 ID:???
testだ

20 :19:03/04/17 22:23 ID:???
これで、書けるか?!


21 :ひよこ名無しさん:03/04/17 22:26 ID:???
 ∧_∧
       ( ・∀・)       ))
       /つ( ̄`ヽO_ノ⌒ヽ      さてと、そろそろ寝るか
      ノ   )        \ ))
     (__丿\ヽ ::    ノ:::: )
         丿        ,:'  ))
       (( (___,,.;:-−''"´``'‐'
   おまいらも、夜更かしするなよ
          ∧_∧
          ( ・∀・ )
         /  _ノ⌒⌒⌒`〜、_
      ( ̄⊂人 //⌒   ノ  ヽ)
     ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃

22 :19:03/04/17 22:28 ID:???
あでけた

23 :ひよこ名無しさん:03/04/17 22:56 ID:Z0PtQQVa
|||||
(゚Д゚)

24 :ひよこ名無しさん:03/04/17 22:57 ID:Z0PtQQVa
-----(|||゚Д゚;)---------

25 :ひよこ名無しさん:03/04/17 22:59 ID:Z0PtQQVa
-----(;|||゚Д゚)------

26 :ひよこ名無しさん:03/04/17 23:01 ID:???


27 :ひよこ名無しさん:03/04/17 23:04 ID:???
ぽけギコで
test

28 :ひよこ名無しさん:03/04/17 23:04 ID:Z0PtQQVa
||||||||
(;゚Д゚)

29 :ひよこ名無しさん:03/04/17 23:12 ID:Z0PtQQVa
ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン

30 :おじいちゃん:03/04/17 23:22 ID:dfX9gDkE
おばーちゃーん!

31 :ひよこ名無しさん:03/04/17 23:24 ID:BDjdz+nT
??

32 :ひよこ名無しさん:03/04/17 23:28 ID:???
なんでなんで。フリズしちゃうの

33 :ひよこ名無しさん:03/04/17 23:38 ID:5Yzahwa3
書き込みできるかな・・・

34 :JTWC ◆7gJTWCS8iU :03/04/17 23:51 ID:JD6bePBC
test

35 :JTWC ◆JXcHuyBszk :03/04/17 23:58 ID:JD6bePBC
test2

36 : ◆gGAWEPWEz. :03/04/18 00:00 ID:???
test

37 :½:03/04/18 00:18 ID:???
test

38 :½ ◆DVqwh.GH6Q :03/04/18 00:30 ID:???


39 :½ ◆XA1/2/PIoc :03/04/18 00:58 ID:???
  

40 :½ ◆1/2/qhv6Yk :03/04/18 00:59 ID:???
ty 

41 :ひよこ名無しさん:03/04/18 02:21 ID:rx1L1wG5

                                    |   ...:::;;;|
                                    |   ...:::;;;|
              ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・         |   ...:::;;;|
                                    |   ...:::;;;|
          /从'ヾ^ヽ    /   _/立ヽ、_                 |   ...:::;;;|
         (ソ'`ー´)   [] . ミ゚Д゚,,彡               |   ...:::;;;|
_,_,_,_,_,〜(ヾwツ´^つ,_,_,_,||_,_,(| 〈#〉|)       __,_,__,__|   ...:::;;;|_
          |/^l^ヽ, ヽ,   || ......  *〜|   :|    .........    `'ー--ー'
         (__(__ヽ_,ゝ......:::::::::::::: ∪ ∪    ....::::::::
            ::::::::::::::::::::::::      :::::::::

42 : ◆ozOtJW9BFA :03/04/18 02:22 ID:???


43 : ◆IHenTMBP2A :03/04/18 02:22 ID:???
 

44 : ◆WmQcQwyUy. :03/04/18 02:22 ID:???
   

45 : ◆OuQjkKeSSQ :03/04/18 02:22 ID:???
    

46 :KB ◆8KVgnZP5OU :03/04/18 02:23 ID:???
aa

47 : ◆8LIJ9RtuIE :03/04/18 02:23 ID:???
       

48 :ひよこ名無しさん:03/04/18 02:23 ID:rx1L1wG5


                                    |   ...:::;;;|
                                    |   ...:::;;;|
              ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・        |   ...:::;;;|
                                    |   ...:::;;;|
          /从'ヾ^ヽ    /   _/立ヽ、_         |   ...:::;;;|
         (ソ'`ー´)    [] . ミ゚Д゚,,彡         |   ...:::;;;|
_,_,_,_,_,〜(ヾwツ´^つ,_,||_,_,(| 〈#〉|)__,__,__|   ...:::;;;|_
          |/^l^ヽ, ヽ,   || ......  *〜|   :|    .........    `'ー--ー'
         (__(__ヽ_,ゝ......:::::::::::::: ∪ ∪    ....::::::::
            ::::::::::::::::::::::::      :::::::::

49 :すー ◆UvjkoBe88A :03/04/18 02:25 ID:???
tes

50 :ひよこ名無しさん:03/04/18 02:27 ID:rx1L1wG5



                                    |   ...:::;;;|
                                    |   ...:::;;;|
              ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・         |   ...:::;;;|
                                    |   ...:::;;;|
          /从'ヾ^ヽ    /   _/立ヽ、_         |   ...:::;;;|
         (ソ'`ー´)    [] . ミ゚Д゚,,彡         |   ...:::;;;|
_,_,_,_,_,〜(ヾwツ´^つ,_,_||_,_,(| 〈#〉|)__,__,__,__|  ...:::;;;|_
          |/^l^ヽ, ヽ,   || ......  |   :| 〜* .........    `'ー--ー'
         (__(__ヽ_,ゝ......:::::::::::::: ∪ ∪    ....::::::::
            ::::::::::::::::::::::::      :::::::::

51 :ひよこ名無しさん:03/04/18 02:28 ID:rx1L1wG5



                                    |   ...:::;;;|
                                    |   ...:::;;;|
              ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・        |   ...:::;;;|
                                    |   ...:::;;;|
          /从'ヾ^ヽ    /   _/立ヽ、_         |   ...:::;;;|
         (ソ'`ー´)    [] . ミ゚Д゚,,彡         |   ...:::;;;|
_,_,_,_,_,〜(ヾwツ´^つ,_,_||_,(| 〈#〉|)__,__,__,__|  ...:::;;;|_
          |/^l^ヽ, ヽ,   || ......  |   :| 〜* .........    `'ー--ー'
         (__(__ヽ_,ゝ......:::::::::::::: ∪ ∪    ....::::::::
            ::::::::::::::::::::::::      :::::::::


52 :ひよこ名無しさん:03/04/18 03:52 ID:???
tes

53 :ひよこ名無しさん:03/04/18 03:53 ID:???
test

54 :ひよこ名無しさん:03/04/18 03:53 ID:K6HEQd90
∩ ∩
(:゚ -゚)   
‐∪‐∪――
 

55 : ◆vaio7E0hVk :03/04/18 04:56 ID:???
テスト

56 :sage:03/04/18 04:56 ID:GW8pqHh2
test

57 :ひよこ名無しさん:03/04/18 04:57 ID:???
machigai

58 : ◆S7fW.eLxLI :03/04/18 04:58 ID:???
doukana

59 : ◆S7fW.eLxLI :03/04/18 04:59 ID:???

  _n
 ( l    _、_
  \ \ ( <_,` )
   ヽ___ ̄ ̄  )   グッジョブ!!
     /    /

   _、_
 ( ,_ノ` )      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//

うまくいった!

60 :(・⊥・)/:03/04/18 07:22 ID:???
/■ヽ /■ヽ /■ヽ /■ヽ
(,,・∀・) (,,・∀・) (,,・∀・))ノ (,,・∀・) パラリラパラリラ
| ̄ ̄|-| ̄ ̄|-| ̄ ̄|-□ ( O┬O
〜 〜  ̄◎ ̄ . ̄◎ ̄  ̄◎ ̄. ≡ ◎-ヽJ┴◎ キコキコ


61 :YahooBB218136160047.bbtec.net:03/04/18 07:56 ID:1gAY4ZI/
a


62 :練習:03/04/18 08:39 ID:???
                    _,,..、-―-- .,
                 ,..-''"        `ヽ、
               ,. '"    _,,... - __    ヽ、
             /    ,..=-‐''~ ̄_ ~'''- 、   ヽ
             , ′    /,,..-'''"~ ̄::: ̄~'''-ヽ,  ヽ
           /    ,、'7:::,:'//:::,:´/∧::、:::゛,:::::ヽ、 ゙',
           /  .......//,:///!',::////  ',:::!!:::!i::::ヽ:, ...゙,
           l ........./n,V::;l;jl-ユTト:{:{   }!}」j:,l!:}:::!l:゙, ...〉
           ゛, .......,';「rll:´kr_テ'::「`|  ノ_,='`メ!l::;;ll!l:l./
            ゛、../ ハ l!::l| 「!-'lj    r'::/`/イ,:ノノ |!'
             ,ソ//:::|!:::l!  ̄     '-" ,':::イ!../'
            /://::;;ハ::::ll\    .__ '  ,,::':::,!l:|
            ノ:イ/:/;/;;`ヾ、_ ` ,. -'7_ .イ::く;;ノメ!、 たまには左もよくてよ。
         ,. '"',イ;'::/;/;;:;-"!  / ,イヽ、;;;:!:::!::| ヘヽ
       _,,-"/..'/:::/;;;-'"  !__/ /-'',ス `''-.,,:!  ゙';ヽ、
     .,-'":;; ',/,,',.-<     ゙'〈  '",-'┐ ,,'"ス、  ゙;:、、、
   ,.-'"::;;/.'/',/^ヽ``、、     ゙,    <ノ ノ' / ,ハ,  ゙;:'; ヾ、
  /"/:;;/ '‐'/,「`ヽ、 ` 、 = __  ゙、   'v'"/`、' 'l  ',::', ヾ、
 l' /::;'"  ,.:';:"/;;!   `.ー、~''ーニ.,ハ,   ハ'"   ヽ, ゙,  !::;!  ヾ!
  !:/  /:/ /:/;ト、   ...゙, |   _| \_,ノ::.\= 、._ l ,!、  l::;!  ll
  !:!  ,//' /::/::ハ ',..   ゙',l ,-',-ト、  `'ー-、ヽ, 7./l ト`、, !ノ  丿
  '、 // /:/:,/_,,l ゛、..   ゙',. ヽ:Vヾ、、、_    ~///,ノ l;;:',ヾ'
    /,' ,!::/!ll`i;;;| ヽ..   ヽ `/:  ヽ ニニ‐=/ノr' ,' l;!l,:l 'ヾ;、
   ,!:!  !::l'l:!l::!;;:::ハ   ヽ、.  ソ' :   ........,~7,  ,l / !;;!ll!! ヾ;、
   l;!  ,!::| !!|:l;;;:::!:l゙、   ,.`/ :   .......//'l | ,!/ ....|;;!:!l!  ゙;l


63 :ひよこ名無しさん&rlo;?ろだ則反はのく書にここ &lro;:03/04/18 09:27 ID:???


64 :ひよこ名無しさん:03/04/18 11:49 ID:eQIS/1Ip
&hears;

65 :ひよこ名無しさん:03/04/18 11:50 ID:eQIS/1Ip


66 :ひよこ名無しさん:03/04/18 11:54 ID:eQIS/1Ip
(゚♠゚)





67 :ひよこ名無しさん:03/04/18 11:55 ID:eQIS/1Ip
(゚?゚)v




68 :ひよこ名無しさん:03/04/18 12:01 ID:???
?hearts;





69 :ひよこ名無しさん:03/04/18 12:02 ID:???
?&3642;

70 :ひよこ名無しさん:03/04/18 12:04 ID:eQIS/1Ip
(♥д♥)
n n
(♥д♥)



71 :いっちぃ ◆CsNrSX8/D6 :03/04/18 12:04 ID:CqiJRCQ0
test

72 :いっちぃ ◆CsNrSX8/D6 :03/04/18 12:04 ID:???
てst

73 :ひよこ名無しさん:03/04/18 12:05 ID:???
test

74 :ひよこ名無しさん:03/04/18 12:05 ID:???
てすと

75 :ひよこ名無しさん:03/04/18 12:06 ID:eQIS/1Ip
(♥∀♥)

76 :ひよこ名無しさん:03/04/18 12:07 ID:BhjGZrAa
testtttttttttt

77 :ひよこ名無しさん:03/04/18 12:40 ID:???
test

78 :ひよこ名無しさん:03/04/18 14:00 ID:???


79 :ひよこ名無しさん:03/04/18 14:03 ID:???
&9830;

80 :ひよこ名無しさん:03/04/18 14:03 ID:???


81 :ひよこ名無しさん:03/04/18 14:38 ID:???
&hearts 2;


82 :ひよこ名無しさん:03/04/18 14:41 ID:???
&hearts2; &spades2; &clubs2; &hotspring; &quarternote;
&eighthnote; &hitchednotes1; &hitchednotes2;
♭ ♮ ♯

83 :ひよこ名無しさん:03/04/18 14:48 ID:???
?9835

84 :ひよこ名無しさん:03/04/18 14:51 ID:???


85 :ひよこ名無しさん:03/04/18 14:59 ID:???
¿ ≈


86 :ひよこ名無しさん:03/04/18 16:15 ID:???
test

87 :ひよこ名無しさん:03/04/18 16:17 ID:???
test

88 :ひよこ名無しさん:03/04/18 16:24 ID:???
test


89 :ひよこ名無しさん:03/04/18 17:08 ID:???


90 :ひよこ名無しさん:03/04/18 17:24 ID:???
test…

91 :ひよこ名無しさん:03/04/19 01:53 ID:???



92 :ひよこ名無しさん:03/04/19 15:46 ID:???
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/mlb/1050426200/10

93 : ◆7zQD1aSVLg :03/04/20 01:31 ID:???
test

94 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:54 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

95 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:54 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

96 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:54 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

97 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:54 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

98 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:54 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

99 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

100 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

101 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

102 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

103 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

104 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

105 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

106 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

107 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

108 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

109 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

110 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

111 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

112 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:55 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

113 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

114 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

115 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

116 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

117 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

118 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

119 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

120 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

121 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

122 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

123 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

124 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

125 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

126 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

127 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

128 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

129 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:56 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

130 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

131 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

132 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

133 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

134 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

135 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

136 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

137 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

138 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

139 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

140 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

141 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

142 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

143 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

144 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

145 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:57 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

146 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

147 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

148 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

149 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

150 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

151 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

152 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

153 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

154 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

155 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

156 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

157 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

158 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

159 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

160 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:58 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

161 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

162 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

163 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

164 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

165 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

166 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

167 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

168 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

169 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

170 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

171 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

172 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

173 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

174 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

175 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

176 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

177 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 13:59 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

178 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

179 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

180 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

181 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

182 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

183 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

184 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

185 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

186 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

187 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

188 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

189 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

190 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

191 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:00 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

192 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

193 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

194 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

195 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

196 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

197 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

198 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

199 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

200 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

201 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

202 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

203 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

204 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

205 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

206 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

207 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

208 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

209 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

210 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

211 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

212 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

213 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:01 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

214 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

215 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

216 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

217 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

218 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

219 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

220 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

221 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

222 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

223 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

224 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

225 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

226 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:02 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

227 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

228 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

229 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

230 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

231 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

232 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

233 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

234 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

235 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

236 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

237 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

238 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

239 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

240 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

241 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

242 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

243 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:03 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

244 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

245 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

246 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

247 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

248 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

249 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

250 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

251 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

252 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

253 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

254 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

255 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

256 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

257 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

258 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

259 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

260 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:04 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

261 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

262 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

263 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

264 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

265 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

266 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

267 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

268 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

269 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

270 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

271 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

272 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

273 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

274 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

275 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

276 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

277 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:05 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

278 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

279 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

280 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

281 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

282 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

283 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

284 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

285 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

286 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

287 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

288 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

289 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

290 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

291 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

292 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

293 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

294 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

295 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

296 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:06 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

297 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

298 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

299 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

300 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

301 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

302 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

303 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

304 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

305 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

306 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

307 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

308 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

309 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

310 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:07 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

311 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

312 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

313 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

314 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

315 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

316 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

317 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

318 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

319 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

320 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

321 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

322 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

323 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

324 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

325 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

326 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:08 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

327 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

328 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

329 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

330 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

331 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

332 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

333 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

334 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

335 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

336 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

337 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

338 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

339 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

340 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

341 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:09 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

342 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

343 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

344 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

345 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

346 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

347 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

348 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

349 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

350 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

351 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

352 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

353 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

354 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

355 :タマミ ◆AYUMU/yWW2 :03/04/20 14:10 ID:???
間近へ吐き掛けられる熱い吐息に首筋をくすぐられて、男の勃起が更に屹立した。反り返った
先端が少女の花園にぶつかり、何度となく掘り返されて爛れた粘膜の狭間から、真新しい分泌
を誘った。ほころびた膣口から垂れ出た生温かい愛液は、過度の興奮のためか、精液の名残
によるものか、普段よりも白濁し、粘ついている。その卑猥な果汁は、少女の膨らんだ花弁と
男の張り詰めた亀頭を等しく包み込み、角灯の火にぬらぬらと照り光らせた。「……はやく、
はやくぅ……」 辛うじて聞き取れるような声で、無意識のうちに少女は喘いだ。男は花弁の狭間
でひくつく秘口へと狙いを定めてから腰を浮かせ、そして、どさりと勢いよく干草の上に尻を落とした。
「ひぁ、あはああああッ!」 ぬかるみに打ち込まれる杭のように、男の勃起が少女を最奥まで
易々と貫いた。激しく蠕動して絡み付く柔肉を捲り上げて、先端が子宮口を力強く押し上げる。
少女の唇からは涎と共に、悲鳴じみた嬌声が溢れ出した。「い、いいっ、いいっ……奥にごつん
って、当たってるよぅ!」 そのまま座位の体勢となった男は、色の薄い少女の乳輪を頬張り
ながら、激しく腰を突き上げた。乱暴といってもいいような抽送だったが、既に精液を注ぎ込ま
れて適度にほぐれた少女の膣は、男の逞しい太幹を苦もなく呑み込んでいく。染み出てくる愛液
も量を増すばかりで、その濁った飛沫は床の干草にまで散った。「あはっ……そこぉ! ふ、
深いの、いいっ!」 急所である蜜壷の奥底を突き回された少女は、既に根元まで圧し込まれた
肉棒をもう少しでも深く咥え込もうと、必死に腰をくねらせた。粘っこい蜜液を絡めた肉襞の一枚
一枚が、彼女の貪欲さにも負けぬ勢いで勃起に絡み付き、締め上げていく。 口淫を施されて
いた事もあって、男の我慢は長く続かなかった。男は短い呻きをあげて一際深く少女の中へ突き
込み、自らの欲望を一滴残らず注ぎ込んだ。二度目とも思えないような量だった。起伏に富んだ
膣肉の狭間へ男の精が染み込んでいく感触に、少女はぶるぶると身を震わせた。

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)